希望の家

〖勇気を与えた少年〗

 

 

こんにちは♡くにです(●’◡’●)

 

 

お友達に教えて頂き

とても感動したので

シェアさせて頂きます。

 

 

〖勇気を与えた少年〗

 

「もう死にたい…。もうやだよ…。

つらいよ…。」妻は産婦人科の

待合室で人目もはばからず泣いていた。

 

前回の流産の時、

私の妹が妻に言った言葉…。

「中絶経験があったりすると、

流産しやすい体質になっちゃうんだって」

 

あまりにも人を思いやらない言葉に

私は激怒し、それ以来妹夫婦とは

疎遠になっている。

 

妻は口に出していないが

もうすごく辛い思いをしていたと思う。

 

だから今日までなんとか二人で

頑張ってきたが、3度目の流産。

 

前回も、前々回の時も

「また、頑張ろう」とはげましてきたが、

励ます言葉が妻にプレッシャーを

かけるような気がして

何も言えなかった。

 

いや、そうではない。

 

今考えるとおそらく、

3度目の流産を告げられて

子供がいない人生を私は

模索し始めていたんだと思う。

 

私は冷酷な動物だ。情けない。

「ごめんね…。でももう

私頑張れないかも。もう駄目だと思う」

 

待合室に妻の嗚咽だけが響く。

 

その時、

妻の隣に4~5才くらいの

男の子が座った

 

「あのね、これあげるから、

もう泣かないで」その子が差し出した

手の上には2つの指輪。

おそらくお菓子のおまけだと思う。

 

男の子

「水色のは、泣かないお守り」

「いいの?だってこれ

ボクのお守りなんでしょ?」

男の子

「いいよ。あげるよ。ボクね、

これ使ったら泣かなくなったよ。

もう強い子だからいらないの」

「赤い指輪は?お願いが、叶う

お守りなんでしょ?これはいいよ」

男の子

「これね。2つないとパワーが

出ないんだってお父さんが言ってた」

 

そう言うと男の子は

 

「だから泣かないで」

と言いながら妻の頭を撫でた。

 

少し離れたところから

「ゆうき~、帰るよ~」という

彼のお父さんらしき人が、彼を呼ぶと

男の子は妻のひざに2つの指輪を置いて

「じゃあね、バイバ~イ、またね」

と言って帰っていった。

 

今どき珍しい五分刈頭で

目がくりっとしたかわいい男の子だった。

 

私はその子の後ろ姿をずっと

目で追っていたが、ふと隣を見ると

妻は2つの指輪をしっかりと

握りしめていた。

 

迷信とか宗教とかおまじないとか

そういったものは全く信じない二人だけど

この指輪だけは私たちの

夢を叶えてくれる宝物にみえた。

 

その日から妻は、さすがに

子供用の指輪なのでサイズが

合わないため紐を付けて

キーホルダーにしていた。

 

それから2年半後、

我が家に待望の赤ちゃんが誕生した。

名前はあの子にあやかって

「有紀(ゆうき)」にした。

 

生まれる前から男の子でも女の子でも

「ゆうき」にしようと決めていた。

 

ゆうきくん、あの時は本当にありがとう。

 

あの時、君に会えていなかったら、

君に、慰めてもらえなかったら、

今、この幸せを感じることは

出来なかったと思う。

 

私たち家族は、君に助けてもらいました。

君からもらった2つの指輪は、

娘のへその緒と一緒に

大事に保管してあります。

 

うちの娘も君のように

人に幸せを分けてあげられるような

子に育ってほしい。

 

本当に

本当にありがとう ゆうきくん。

 

 

 

最後までお読みいただき感謝します。

ありがとうございます。

お気軽にお問い合わせいただけたら

うれしいです。

お問い合わせはこちら

 

 

 

#ありのまま#本来の自分#引き寄せ

#カラーセラピー#色彩療法#美容#子育てママ

#働くママ#輝く女性#女性の自立#女性の自律

#ライフスタイル#心理学#潜在意識#健康美

#ポジティブ#自己肯定感#自己効力感#幸せ

#丁寧に暮らす#女性の幸せ#幸せいっぱい

#love#happy#cute#beautiful#good

 

 

 

 

 

 

 

2021-02-02