希望の家

障害児の長男(小学校①)

 

 

 

 

こんにちは♡くにです(●’◡’●)

 

 

 

 

心理学や、色彩心理を学びはじめて

 

過去に息子が体験したことを思い出し

 

学校の先生方に向けて 

 

お話しさせて頂きたいと思う

 

出来事が沢山あります。

 

 

 

 

 

私は、長男が小学校高学年の時の

 

出来事を忘れません。

 

 

 

年数が経ち 

 

多少記憶が上書きされていることが

 

あるかもしれませんが

 

ほぼ正しく記憶が残っていると

 

思います。

 

 

 

 

支援学級に所属していた

 

息子の支援クラスの先生は

 

私の小学校時代の先生でした。

 

 

 

 

とても愛情深い先生で、息子が

 

4年生から担当して下さっていて

 

息子の成長過程や性格を

 

良く理解して下さっていたので

 

安心してお任せしていました。

 

 

 

 

ですが、

 

その先生が怪我をしてしまい

 

学校に来られなくなって

 

しまいました。

 

 

 

 

 

代わりに来てくださった先生も

 

女性の方でしたが息子の性格を

 

すぐに理解できるわけもなく

 

 

 

 

次第に

 

息子の様子がおかしいと

 

思うようになりました。

 

 

 

 

毎日

 

小学校から帰ってきた息子に

 

「今日、学校どうやった?」

 

と聞くと、すかさず

 

「楽しかったよ。」

 

と答えるのです。

 

 

 

 

 

 

毎日学校、楽しかった。

 

と答える息子が

 

次第に学校へ行きたがらなく

 

なっていきます。

 

 

 

それでも、

 

障害という特性のせいで

 

融通が利かない息子は

 

学校を休むことができないのです。

 

 

 

 

何かがおかしい。

 

 

 

 

心配した主人がボイスレコーダーを

 

持たせると言い出し

 

 

 

 

それから、しばらく学校での様子を

 

何時間もかけて私は一人で

 

ボイスレコーダーを聞き続け

 

学校での会話をノートに

 

書き起こしました。

 

 

 

 

 

そこから見えてきたものは

 

想像を絶するものでした。

 

 

 

 

障害児の長男(小学校②)

障害児の長男(小学校③)

障害児の長男(小学校④)

   (クリックしてね)

ぜひ、こちらも読んでみてください

    

 

 

 

長くなりますので続きは

 

明日にさせて頂きます。

 

 

 

良かったら明日も読んで

 

みてください。

 

 

 

 

すべての人に訪れる幸せHappy♡♡

 

 

 

 

最後までお読みいただき感謝します。

ありがとうございます。

お気軽にお問い合わせいただけたら

うれしいです。

お問い合わせはこちら

 

 

 

#ありのまま#本来の自分#引き寄せ

#カラーセラピー#色彩療法#美容

#子育てママ#働くママ#輝く女性

#女性の自立#女性の自律#心理学

#潜在意識#健康美#ライフスタイル

#ポジティブ#自己肯定感#自己効力感

#幸せ#丁寧に暮らす#女性の幸せ

#幸せいっぱい

#love#happy#cute#beautiful#good